1.ダンボールは、高度なリサイクルシステムが整っているため回収率は9割を超え、資源の有効活用がはかられている。

2.ダンボールは、生分解性を持った天然素材パルプで製造されているため、万一捨てられても土中で分解され土に戻る。

3.ダンボールは、外部の衝撃から商品を守る優れた緩衝性と内容品の紛失や異物混入を防止する機密性があるため、目的地まで商品を安全に届けることができる。

4.ダンボールは、軽量ながら頑丈であり、内容品に見合った最適な包装設計が可能なことから、包装コストを抑えられる。

5.ダンボールは受注製品ながら短納期で大量生産ができるので、生産性が向上する。

6.ダンボールは、様々な印刷が可能で、商品を効果的にアピールでき、動く広告媒体となる。