HOME > 寸法の出し方

寸法の出し方

箱寸法の出し方1

箱の寸法の出し方には外寸法と内寸法と実寸法の3種類があります。
外寸法は、箱の外側の寸法です。
内寸法は、外寸法とは逆で箱の内側の寸法になります。
実寸法とは、中に入れる製品そのものの寸法(大きさ)の事を言います。
外寸法内寸法実寸法

箱寸法の出し方2

箱の寸法の出し方というのは、箱を作るにあたってとても重要な要素です。
なぜなら、例えば寸法が小さければ中の品物が入らなくなり箱としての役割を果たせなくなります。その為、弊社では寸法が決まり次第、まずサンプルをお客様にお届けしますので、ご確認ください。
それでは箱の寸法の出し方をご説明します。

外寸法の場合

外寸法というのは先程も言いましたように、箱の外側の寸法を言います。よって、既存で箱をお持ちのお客様は、箱の外側を測っていただければすぐに分かります。
既存で箱をお持ちでないお客様は内寸法又は実寸法でお教えください。

内寸法の場合

内寸法とは、先程も言いましたが箱の内側の寸法の事を言います。内寸法の測り方は、既存で箱をお持ちのお客様は箱を組み、底フタだけ閉めた状態で箱の中の寸法を計測してください。それが内寸法になります。
箱をお持ちでない方は実寸法を参照してください。

実寸法の場合

実寸法とは、物そのものの寸法(大きさ)の事を言います。
実寸法の測り方は単純に物の端から端までの長さを測ります。
例えば本では、
本1冊あたりの寸法長さ20cm、巾5cm、高さ25cmとなります。
これを5冊入れたい箱を作りたいとすると、本を5冊くっつけて並べた状態で上記と同じ様に測ります。ここで注意していただきたいのが、箱に入れる際の形を間違わないでいただきたいのです。入れた場合の物を入れる状態